待望のデビューアルバム(DVD+CD)、
遂に発売!
d.v.d “01 > 01 (01 Less Than 01)”
『ゼロワン・レスザン・ゼロワン』

ex-po 13 / HEADZ 105 (DVD + CD)
\ 3,500 (tax incl.) \ 3,333 (without tax)
11. 7 on sale
ex-po / HEADZ






前代未聞のプロセシング・ポップ! 超キャッチーで激プレイフリーなデジタル&人力トリオ、ここに見参!!
デジタル&人力・オーディオ=ヴィジュアル・トリオ、その名はd.v.d。
ドラム、ヴィジュアル、ドラム、というライヴでの立ち位置をそのままユニット名にしてしまう稚気は、そのまま彼らのサウンド=イメージの世界の類いまれなポップさと重なっている。
今日びの表現行為は、テクノロジーがなくては生きていけない。
だがヒューマニティがなくては生きてゆく資格がない。
そんなこんなでこの3人は軽やかに鮮やかに、最先端をスキップしている。
実際のところ、d.v.dを最初に体験した時、僕はようやっと21世紀がやってきたような気さえしたものだ。
-佐々木敦


音楽と映像がコラボするっていうのは、
こういう事であるべきなんですね。
絵が音の中へ入り、音が絵の中に入る。
これがホンモノのコラボレートです。
大変共感しました。
-山本精一


d.v.dのDVDを見た。
d.v.dのDVDを見た。
2回言ってみた。
ボキャブラリーが貧困な私からは「あー」とか「おー」とか「すげー」とか「か
わいい」とか「かっこいい」とか「あはははは」とか小学生のような言葉しか出
てこないのがもどかしい。
音と映像の同期がシンプルに気持ちいい。音が見えるサヴァンの話を思い出した。
裏には計算や技術があるんだろうけど、それをちょっとユルイ感じで見せてくれる。
ドラムとドラムの間でMac使ってる人がいるって絵も楽しい。
ああ、そう。楽しい。d.v.dは凄く楽しかった。
-あずまきよひこ


現代社会における普遍性??
音楽のせかいでは
いま
この一瞬を
生きるほうがはるかにだいじ
そしてできていく過去と未来
とにかく前に進むのみ
なんにも考えちゃだめだよ
-ZAK


d.v.dのライブメンバーになりたぁ〜い
-戸田誠司


彼らの無邪気に跳ねる舞台のイメージは
コント55号日劇デビュー以来の衝撃です
愛す!d.v.d!
-タナカカツキ



dpp0007.jpgAnalog EP "chaos DNA no.18 c/w anamorphose no.1"

円盤制作イトケン7inchEP×5その4。
円盤 / EP / ¥800
詳しくはこちら

jac.jpg

やくしまるえつこ と d.v.d

ALBUM (CD+DVD)
『Blu-Day』

TKCA-73518 ¥2,300(税込)